Bar de Mirai
Bar de Mirai

2014年

7月

10日

2014年7月10・12日:「リアル火星ごっこ」ツアー説明会&トーク

日本火星協会が、本気の『火星ごっこ』に挑戦する6人の隊員を募集します。

アメリカのユタ州にある砂漠環境は、火星の環境にとてもよく似ていることから「地球にある火星」ともいわれます。2001年からこの場所に『MDRS(Mars Deseart Research Station)』という火星基地のプロトタイプが建設され、有人火星探査のトライアルや宇宙飛行士の訓練の拠点として活用されています。

 

夢をかたちにするのは、いつだってひとの力です。宇宙が研究者や科学者たちだけのものだったら、なんか面白くないし、宇宙っぽくないと僕は思います。テクノロジーが今よりも劣る大昔のひとたちの方が、僕らよりもっともっと宇宙を身近に感じていたと思います。もっと自由に、もっと本気に、宇宙を感じてみませんか?

 

今回ひとたびさんとタッグを組んで、日本火星協会の監修のもと、MDRS 2014−2015 Field Seasonに「Team NIPPON Hitotabi」を結成して参加します。隊のコマンダー(隊長)は僕が務め、残る5名のミッションスペシャリスト(隊員)を広く一般の方々から集める計画です。2週間の『リアル火星ごっこ』。みなさんも宇宙の夢に本気になってみませんか?」(村上祐資)

「リアル火星ごっこ」の旅の実現に向けて、日本火星協会のフィールドマネージャーの村上祐資さんのお話を聞く会です。元南極観測隊員で、極地建築家の村上さんの夢は「月に基地をつくること」。そんな村上さんのお話は、極地へ、宇宙への夢が広がります。参加者からの質問や意見が飛び交うような集まりになればと思います。ちょっとでも興味のある方はぜひご参加下さい。

MDRS Mars Desert Research Station:アメリカ・ユタ州の火星基地と、疑似体験の様子の写真がたくさん掲載されています。

 

【第1回】東京・新宿会場

日時:2014年7月10 日(木)19:30~22:30頃(19:00受付開始)

会場:関西酒場「らくだば 新宿御苑」http://www.rakudaba.com/

定員:約20名

 

【第2回】横浜・関内会場

日時:2014年7月12日(土)17:30~20:30頃(17:00受付開始)

会場:BAR de 南極料理人「Mirai」 

定員:約30名

 

  • 参加費:4,000円(1ドリンク、食事つき/消費税込、当日支払い)
  • スピーカー:村上祐資さん(極地建築家/日本火星協会フィールドマネージャー)http://www.fieldnote.net/
  • お申込み方法
    WEBの予約フォーム(下記予約する)からお申し込みください。
    お申込みを確認後、電話またはメールで、こちらから折り返し確認のご連絡をさせて頂きます。※WEBの予約フォームからのお申込みができない場合には、お知らせください。
    企画・実施会社 (株)ひとたび
    TEL:03-5784-3982 E-mail:info@hitotabi.co.jp

 

≪トーク概要≫

『極地の暮らしかた。明日の作りかた。』

およそ100年前、私たち人類は地球最後の未踏の大地である『南極大陸』に進出しました。南極大陸横断を目指した探検家アーネスト・シャクルトンのこの短い隊員募集広告に対し、約5千名もの男たちが名乗りを挙げたのです。

「求む男子。至難の旅。 僅かな報酬。極寒。暗黒の長い日々。絶えざる危険。生還の保証無し。 成功の暁には名誉と賞賛を得る。」──アーネスト・シャクルトン

そして100年が経ち、かつて生還の保証の無かった旅は、必ずや生きて戻らなければならない旅となりました。ようやく地球最果ての地にも、ありふれた日常の暮らしが訪れ、今日も南極大陸のどこかで、私たちと同じ人類がいつもと同じ日を迎えています。

「明日の始まりが、今日の終わりと同じとは限らない。」そういう極地という場所で、明日という「ふつうの日」を作るために大事なこと。あるいは、厳しい環境のなかで培われてきた「美しい暮らしかた」。一緒に「火星の明日」を考えてみませんか?

PAGE TOP